CROSSMAP|Web対応エリアマーケティングGIS「CROSSMAP」
Web対応エリアマーケティングGIS「CROSSMAP」。

機能紹介

使い勝手のよさや導入の容易さといった長所、あるいは高度で実践的な テクノロジーや設計など、利用面と技術面に双方にわたり、さまざまな特長を持っています。

基本操作

基本操作基本機能は全てアイコン化されているため、簡単な操作ですべての作業を行うことができます。

地図表示機能

地図表示機能スクロール、マウスドラッグ、拡大/縮小、指定縮尺、部分拡大などを自在に行うことができます。

データ検索・集計

データ検索・集計データ検索・データ集計は、対象エリアを指定した上で、マウス操作により簡単に条件式を作成し、実行・描画することができます。

利用面の機能

精度の高い傾向分析

オリジナルのアドレスマッチング・データ(座標情報を付加した住所情報)により、住居表示を"号"レベルまで解釈して高精度にGIS上に反映。

対象街区の中で、角地立地なのか中間立地なのか、まで確認することができます。

精度の高い傾向分析

所有情報の有効活用

お客さまが所有する情報(顧客情報をはじめ住所属性を持つデータ)を取り込むことにより、データ分布の地理的傾向を分析することが可能です。

所有情報の有効活用

操作性と低価格化

高度な幾何演算処理もマウス操作を基本に、導入後すぐに使いこなせます。

また、複数部門での活用を想定して、同時接続ライセンス体系を採用。トータルでのローコスト、ハイフォーマンスを実現しています。

操作性と低価格化

技術面の機能

分散オブジェクト技術

Java2(Pure Java)ベースによる分散オブジェクト技術を採用することにより、理想的なWeb GISを実現することに成功しました。

クライアントサイドではGISの基本操作部分を扱い、サーバーサイドでは高度な解析処理やデータベース検索/更新処理を担っています。

GIS機能のWeb利用

ネットワーク解析、3次元解析、ポリゴン演算、グラフ主題図を始めとした高度なGIS機能をWeb上で実現しており、Web GISアプリケーションとしては、世界的にみても最高位の機能を達成しています。

様々なクライアント環境

100% Pure Java対応を果したことにより、Windows、UNIX、Mac等のマルチOS上で動作可能であり、またブラウザに関しても主流であるInternet Explorer、Netscape Navigator両方に対応しています。

さらに、クライアントへのインストール不要という特性により、サーバーサイドアプリケーション方式の「サーバー集中管理による保守が容易」という長所も同時に実現しました。

優れたセキュリティ対応

「Remote Object Manager」と呼ばれるプロセス経由でのみ、データへのアクセスが可能な機構を採用しています。したがって、複数ユーザーがデータにダイレクトにアクセスできないしくみとなっており、不正アクセスを防止することができます。

また、Java自体の持つセキュリティ機能として、JavaVMによりアプレットの信頼性チェックが行われます。さらに、データは、生データではなくオブジェクトクラス形式としてダウンロードされるため、生データがクライアントに残ることを防止できます。

お問い合わせ

事業統轄本部 ソリューション本部 エリア営業部
電話番号(092) 633-2516

受付時間: 平日9:00~17:30 (土・日・祝日を除く)

※本サイトに掲載している地図は、株式会社ゼンリンの許諾を得て利用をしています。
Copyright(C) ZENRIN CO.,LTD. (許諾番号:Z11KF第109号)


CROSSMAP

「CROSSMAP」活用事例ダウンロード

「CROSSMAP」の大まかな価格を把握

CROSSMAPを動画で分かりやすく