病院周辺の商圏分析をしたい
どのエリアに患者が多いのか分析したい、診療圏を把握したい、病院と診療所の連携を実施したい

Web対応エリアマーケティングGIS「CROSSMAP」の概要Web対応エリアマーケティングGIS「CROSSMAP」の導入メリットWeb対応エリアマーケティングGIS「CROSSMAP」の機能紹介

患者分析

患者さまの属性項目からさまざまな条件式を作成し、地図上に簡単にプロット。

患者さまがどこから、どのような症状の患者さまが来ているのか、来院している患者さまはどのような傾向を持っているのかを知ることで、取り組むべき課題やサービスがビジュアル化され医療サービスの充実に貢献できます。

また、シェアなどを把握することも可能です。

患者分析イメージ

診療圏分析

「国勢調査500mメッシュ集計」を利用して検索することで、人口の(総人口・男女別人口・年齢別人口 等)相対分布を色分けして表示することができ、どの地域に多くの人が居住しているか把握することができます。

推計患者数データを利用することで診療圏内における、各診療科目ごとの外来・入院患者の予測数を把握し、自院のポテンシャルと実績を比較することができます。

診療圏分析イメージ

病院・診療所連携

患者さまの住所や指定した住所から、医師が推奨する近隣の病院・診療所を該当する標榜診療科や病床数などの医療機関情報と組み合わせて、地図上から簡単・短時間に検索・閲覧することができます。

さらに、患者さまへ提供する紙地図としての印刷も提供できます。

取り出せるデータは病院情報の表示、患者情報の表示

病院・診療所連携を行うことのメリット

紹介・逆紹介業務を効率的に実施することができ、患者さまが安心して地域の病院・診療所にかかれる取り組みを促進できます。

開業医支援

1.候補物件入力
2.診療圏設定(開業予定の場所を中心に、一~三次診療圏を設定)ここでinetMAP!
3.診療圏内での予測患者数算出(診療圏内の人口構成比や受療率を元に推定患者数を算出)ここでもinetMAP!
4.レポート出力(診療圏内の人口構成比・病院診療所のポイント情報や受療率を元に推定患者数を診療圏分析レポートに出力)ここもinetMAP!

各種システムとの連携

CROSSMAPは既存の医事システムや、オーダリングのシステムが導入されていても、容易に導入することができます。

また、今現在利用しているデータも利用できますし、既存のシステムから住所のデータを抽出し、CROSSMAPへ取り込むことができます。各種システムとの連携・カスタマイズにより日付処理も可能です。

Web対応エリアマーケティングGIS「CROSSMAP」の概要Web対応エリアマーケティングGIS「CROSSMAP」の導入メリットWeb対応エリアマーケティングGIS「CROSSMAP」の機能紹介

お問い合わせ

事業統轄本部 ソリューション本部 エリア営業部
電話番号(092) 633-2516

受付時間: 平日9:00~17:30 (土・日・祝日を除く)

※本サイトに掲載している地図は、株式会社ゼンリンの許諾を得て利用をしています。
Copyright(C) ZENRIN CO.,LTD. (許諾番号:Z11KF第109号)


CROSSMAP

「CROSSMAP」活用事例ダウンロード

「CROSSMAP」の大まかな価格を把握

CROSSMAPを動画で分かりやすく