メールマガジン特設ページ
情報漏洩対策のポイントをご紹介しています。

情報漏洩対策のポイント

情報セキュリティ商品はまず、「情報を守りたい(守らなければならない)」という目的があり、その目的を達成するために講じる手段の一つにすぎません。

会場で伺ったお客さまの情報漏洩対策のギモン

Q1.情報漏洩をしないために一番良いソフトウェアは何ですか?
Q2.運用ルールのレベルをどこまで規制すればよいのか?

展示会では、上記2つの質問を多く伺いました。

情報漏洩対策を実施するうえで、お客さまの現状を把握し、運用ルールを決定することが大切です。運用ルールのレベルもお客様の現状に適した範囲で決める必要があります。

しかし、目視による把握、手作業による管理といった人的作業のみの運用ルールは非効率です。そのような運用ルールの効率化には、ソフトウェアの導入が有効な手段と考えます。

また、導入が必要な場合は、お客さまの運用ルールに適したソフトウェアの導入をお勧めいたします。

人的作業では非効率な運用ルールの例

1.外部メディアへのファイルコピー禁止

禁止する理由:
重要ファイルを外部メディアにコピーし、家のパソコンでの作業中、ウッカリミスにより情報漏洩に繋がる可能性があります。

非効率な理由:
パソコン操作しているユーザーを監視する担当者が必要になります。

2. 紙に印刷した履歴を管理

管理する理由:
悪意により重要ファイルを印刷し、外部へ漏洩する可能性があります。

非効率な理由:
プリンタ一台一台に監視する担当者が必要になります。

3.確実なセキュリティーパッチの適用

適用する理由:
ウイルス対策ソフトだけでは、新種ウイルスに感染し情報漏洩に繋がる可能性があります。

非効率な理由:
一台一台、適用されているか目視により把握し、手作業でのパッチ適用が必要になります。

ソフトウェアでサポート可能な運用ルール

1.外部メディアへのファイルコピーを管理

  1. 重要ファイルもしくはパソコンのユーザーごとに、外部メディアへのコピーを制御し不必要な持ち出しを防ぐ
  2. 誰が、どの情報をいつ、ファイルをコピーしたか履歴を把握する

2.紙に印刷した履歴を管理

  1. 誰がどの情報をいつ・何部印刷したか履歴を記録する

3.確実なセキュリティーパッチの適用

  1. 個々のパソコンにセキュリティーパッチが適用されているか把握し、適用されていないパソコンにセキュリティーパッチを1台づつ適用する

ソフトウェアを導入して得られる効果

  1. 必要なファイルの持ち出しを効果的に抑制します。
  2. 重要データの印刷による漏洩を抑制します。
  3. 新種ウイルスによる情報漏洩の危険性を軽減させます。
  4. 対策に対する人件費等のコストや作業にかかる時間・手間を抑えることができます。
  5. 監視システムを導入した旨を職員に周知することで、抑止力となります。
  6. 情報原因を早急に把握することによって、被害拡大を防げます。

情報漏洩を防ぐために

弊社では、「AssetView」をお勧めいたします。

AssetViewの特長として、お客様の運用ルールのレベルに適した機能を組み合わせて導入が可能です。

例えば、印刷履歴を管理する必要性はあるが、セキュリティーパッチの適用は不要な場合、不要な機能を導入することはありません。また、必要な機能のみのコストで導入可能ですので、コストパフォーマンスに優れています。

お客様の運用ルールに適した機能のみ導入でき、日々の運用を効果的にサポートするAssetViewがお客さまの情報漏洩対策をサポートいたします。

是非、一度ご検討ください。

1.外部メディアへのファイルコピーを管理  2.紙に印刷した履歴を管理
AssetViewGOLD-M 操作ログ収集・操作ブロックで解決します!
3.確実なセキュリティーパッチの適用
AssetViewGOLD-AとAssetViewGOLD-D  PC資産管理・ファイル配布・ソフトウェア自動インストールで解決します!

お問い合わせ

お問い合わせ営業1部 営業企画グループ
電話番号(092) 633-2516
受付時間: 平日9:00~17:30 (土・日・祝日を除く)

※「Asset View (R)」は株式会社ハンモックの商標です。
※その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


メールマガジン