バックナンバー
当社メールマガジン『Blue@Express』のバックナンバーをご紹介しています。

No.48

                 ホットな情報をお届けするメールマガジン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Blue@Express No.48】     2009.11.18発行・不定期発行
                      発信元:西部ガス情報システム
                         http://www.sgis.co.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※このメールは弊社メールマガジンにご登録者の方にお送りしています。
※各種お問い合わせは本メール末尾のご案内をお読み下さい。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

年末も近づき忙しい時期となってまいりましたが、
今回のメルマガではNotesセミナーと前回メルマガの続きをご紹介しています。
どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

それでは、「Blue@Express」始まります!

 ―【目次】――――――――――――――――――――――――――――――

 01.12月8日(火)開催!
Lotus Notesセミナー「不景気だからこそ!手軽に始める情報共有」

 02.これからどうする?Lotus Notes/Domino ~メリット編~

 03.アクセス◎ランキング

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
※「Blue@Express」のバックナンバーもございます。
http://www.sgis.co.jp/mailmagazine/backnumber.html

 

◆┓セミナー開催!Lotus Notes「不景気だからこそ!手軽に始める情報共有」
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

来月の12月8日火曜日、
日本アイ・ビーエム株式会社主催、株式会社いいじゃんネット、グレープシティ
株式会社、および弊社の共催による
「Lotus Notes/Domino『不景気だからこそ!手軽に始める情報共有』セミナー」
が福岡で開催されます。

 ▼セミナー詳細はこちら
http://www.sgis.co.jp/seminar/lotus04/

9月にもNotesセミナーを行いましたが、
今回のセミナーでは、「コスト削減」、「生産性向上」、「業務改善」を支援
するLotus Notes関連のソリューションをご紹介します。

業務効率化をお考えの皆さま、業務のスピードやコスト削減にお悩みの皆さま、
Notesで現状を打破してみませんか?

皆さまのエントリーをお待ちしております。

 ▼セミナー詳細はこちら
http://www.sgis.co.jp/seminar/lotus04/

 ▼セミナーお申込みはこちらから(日本アイ・ビーエム株式会社サイト)
http://www-06.ibm.com/software/jp/lotus/events/west2009/fukuoka.html

 

◆┓これからどうする?Lotus Notes/Domino ~メリット編~
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

来年2010年4月30日にLotus Notes/Domino6.5xのメーカーサポートが終了となっ
てしまいますが、
皆さまお使いのNotesで「新しくバージョンアップした方がよいのかそれとも
Notesから他のシステムへ移行した方がよいのか」など
今後Notesをどう運用するかで悩まれていませんか?

前回のメルマガでは、Lotus Notes/Dominoを「バージョンアップする場合」と
「他のシステムへ移行する場合」のお悩み・問題となる点を挙げてみました。

どちらにしてもコストがかかってしまうのは明らかですが、
「他のシステムへ移行する場合」では

・Notes環境の維持
・新システムの教育
・アプリケーション構築

などが必要になることがあります。

同じコストをかけるなら、Notesを「バージョンアップする場合」の方がより
効率的になります。

今回は、Lotus Notes/Dominoバージョンアップではどんなメリットがあるのかを
「Notes利用者」と「Notes管理者」の立場からご紹介します。

┌──────────────────────────────────┐
|Lotus Notes/Domino8にバージョンアップする場合…
└──────────────────────────────────┘

<Notes利用者>
・インターフェイスがほぼ同じなためユーザー教育が容易
・既存のアプリケーションを継続して利用できる
・バージョンアップ時に各個人のデータ移行が容易

<Notes管理者>
・既存のNotesサーバをそのまま利用できる
・CSVファイルでユーザー管理が可能になるため人事異動などの負担軽減
(※IDAdmin、DocodemoNotesを合わせて導入)

バージョンアップする場合は、新規にアプリケーションを構築したり教育を
行ったりする必要がないため、切り替えが速く安定性があります。

日々の業務で欠かせないLotus Notes/Domino、一度バージョンアップもご検討
されてみてはいかがでしょうか。

弊社ではR5やR6.5からのバージョンアップもサポートしております。
どうぞお気軽にご相談下さい。

 ▼弊社のNotesバージョンアップサポート手順はこんなイメージです
http://www.sgis.co.jp/products/p_lotus/lotus02.html

 

◆┓アクセス◎ランキング
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊社のソリューションをWEBサイトへのアクセスが多い順にご紹介!

ソリューションごとにお問い合わせフォームを設けておりますので、ご質問や
ご相談、資料のご請求などございましたらお気軽にお問い合わせください。

 ▼ランキングはこちら
http://www.sgis.co.jp/products/rank.html

     ┌─────────────────────────────┐
│☆・*:。.★ピックアップ★.。:*・☆
│【Lotus Notes/Domino】当社だから出来る安心のトータルサポート
○ <  http://www.sgis.co.jp/products/rank.html#notes
<□> │
||  │【Office Express】Lotus Notes連携ワークフローパッケージ
│ http://www.sgis.co.jp/products/rank.html#oe(掲載を終了しました)
└─────────────────────────────┘

バックナンバー一覧へ戻る


メールマガジン