企業情報

沿革

1986年9月 西部ガス株式会社から情報システム部門が独立、
西部ガス情報システム株式会社 設立(資本金2億円)
1988年2月 現社屋へ移転(福岡市博多区千代)
1988年8月 郵政省 一般第二種電気通信事業 届出
(現、総務省 届出電気通信事業者)
西部ガスグループへ通信サービス提供開始
1989年4月 将来のパソコンのネットワーク化に着目し、LANの研究 開始
1991年3月 通産省情報処理サービス業電子計算機システム安全対策実施事業所認定(現、制度廃止)
1991年10月 資本金4億円に増資
1991年12月 九州唯一のLAN Manager公認トレーニング センター開設
1994年6月 九州で最初にMicrosoft Solution Provider資格 取得
九州唯一のロータスノーツ認定VAR資格取得
1995年7月 ロータス公認教育センター(LAEC)開設
2000年6月 西部ガス情報システム株式会社運用部門を分離独立し、
シス・コンピューティング株式会社を設立
2003年4月 第3事業部からメディカルソリューションを分離し、
ネットカルテセンター(部門扱い)へ昇格
2005年9月 ISMS適合性評価制度認証取得
BS7799(British Standard:英国規格)認証取得
2011年4月 100%子会社であるシス・コンピューティング株式会社を吸収合併
2012年11月 福岡県知事許可一般建設業「電気通信工事業」許可